肝臓がんの治療と手術の実績がある病院
   症状別に肝臓がんの治療や手術の名医が続々登場

 

 スポンサーサイト
ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 肝臓がん手術の名医
ガン治療に最も効果的な食事法

肝臓がん手術を名医から受けることは現代医学の最高到達点に近い治療を受けるということです。
症状や転移の状態によっては、必ずしも名医の治療が必要とは限りませんが、害になるものではありません。
代表的な肝臓がん手術の名医を網羅したランキングを参考にして、最適な病院を見つけましょう。

執刀医の腕一つで結果は大きく変わることもありますので、妥協せずに見極めることが大切です。
外科療法とも呼ばれることのある肝臓がん手術は、肝切除によって一部を切り取ってしまうという方法で、完治が期待できます。
ただし、デメリットもあり、合併症を引き起こすリスクがあり、場合によっては死に至るケースも報告されています。
入院期間と自宅療養期間が通算で数ヶ月に及ぶことがあるので、働いている方だと仕事を中断することになりますし、その間の生活費についてもどうにか工面しなくてはなりません。

健康というのは、人間にとって欠かすことのできない宝物であり、最も価値ある財産ですが、暮らしていけないというのも無視できません。
病院側との相談によって解決できる場合もありますので、治療費の支払いについて、心配ならあらかじめ話してみましょう。
一言で肝臓がん手術といっても切除の程度はまちまちで、影響の少ない部位を少量切り取るのが理想的です。

そのためには、初期症状の段階であることが条件となり、転移が進めばそれだけ少ない負担で完治を目指すことは困難になります。
すなわち、効果的に肝臓がんを手術しようとするのであれば、その前提となる検査や診断が適切に行われていることが前提となり、末期に近づけば近づいただけ、完治からは遠ざかる結果となります。
そのような悲劇を避けるために、普段から検診を受けるように心がけたり、生活習慣を見直したりしておきましょう。

覆水盆に返らずと言いますが、1度進行してしまった症状は何もしなければ元には戻りません。
むしろ悪化していくのが一般的で、それを肝臓がんの手術によって解決しようとしても、転移がひどければその場を乗り切るための対処療法にしかなりません。
切除をしても身体機能に影響を及ぼさない範囲は限られているので、その領域を越えれば合併症等のリスクが高まります。

少しでも生存率を高めるのであれば、やはり名医の存在を無視することはできないでしょう。
名医が肝臓がん手術を執刀した場合と、そうでない場合との生存率を比較した一覧表があればよいのでしょうが、そういったものは見当たりません。
そもそも名医をどのように定義するかという問題もあるので、厳密な数値としてははっきり定義されていないのが現状ですが、少なくとも希望が大きくなることは容易に予想できることです。

技術が進歩すれば、それを使いこなせるだけの技量を持つ名医と、それ以外の医師に分かれます。
治療方法にしても、肝臓がんは手術のほかに経皮的エタノール注入療法や肝動脈塞栓術、マイクロ波凝固療法、ラジオ波凝固療法、動注化学療法、放射線治療など、一般的に知られている抗がん剤の服用以外にも多数の方法が確立されています。
そのうちのいくつについて、十分な経験を積んでいるかということが、名医であるための最低条件にもなるでしょう。

肝動脈塞栓術を使えないとしたら、他の方法で代替するしかないわけですが、最適な選択肢が肝動脈塞栓術の場合には、治療を受ける側にとって不利益に働きます。
いくつかの選択肢を排除せざるをえなかったため、肝臓がん手術という選択がなされたのだとしたら、病院選びに問題があったと考えざるをえないでしょう。
切除を行えば体に負担がかかるのは避けられませんし、利用できる方法が少ないということは、医師の力量を評価する上で重要なテーマです。

現状、医大を卒業して国家試験に合格することで医師として医療に携わる資格を得ることができるわけですが、その制度も見直しが必要なのではないかと思います。
たとえば、一定の肝臓がん手術の経験を積んだ医師が、実技試験で技術を証明し、その認定を受けることにより高度医療を行えるという肩書きが国の認定として与えられるのであれば、患者側としては大きな利益になります。
出版社やテレビ局が名医ランキングの特集を組むことはありますが、国が本格的に評価に乗り出すことになれば、全国の医師が同じ基準で格付けされることになりますので、研修医の期間を終えた後であっても、油断することなく研鑚に励むように促す効果があるでしょう。

抜本的な対策に国や厚生労働省が動き出すという話は聞きませんから、現状では患者が自ら肝臓がん手術の実績については確認することになります。
疑わしいと感じたのなら、経皮的エタノール注入療法・肝動脈塞栓術・マイクロ波凝固療法・ラジオ波凝固療法・動注化学療法・放射線治療といった方法では対処できない理由の説明を求めることもできます。
名前さえ知らないということはないと思いますが、簡潔に要点を得た説明が出てこないのなら、上記の方法の一部については十分な検討が去れていない恐れがあります。

最終的には、結果に納得できれば問題ないわけですが、そこにたどり着くためには適切なルートを通ることが必要です。
まったくちんぷんかんぷんな意思決定の仕方をしていたら、手術で肝臓がんが良くならなかった時、とても承諾することなどはできないでしょう。
原因はどこにあって、不可避の事情であったのかどうか、徹底的な追及をしたくなるのは当然の感情です。

経済的な問題なら、損害賠償や慰謝料の請求で済んでも、体のことはお金で解決することはできません。
手術をするなら成功させてもらわなくては困りますし、動注化学療法で対処するというなら、成果を上げてもらうことが最大の誠意でしょう。
自分にとっての名医を見つけて、二人三脚で闘病生活を送れる体制を整えることを忘れないで下さい。

 名医の肝臓がん治療を受ける前に
ガン治療に最も効果的な食事法

名医から肝臓がん治療を受けて症状を劇的に改善できたという話を聞いて、今の主治医の元を去ろうか、しっかり考え直す時期がきたと感じました。
たしかにこれまで担当してもらった恩を忘れるつもりはありませんが、人間的にもあまり尊敬できるとはお世辞にも言えませんし、このままずるずると後ろ髪を引かれるような過ごし方をしてしまえば、その間に症状が他の臓器に転移してしまう可能性もあります。
慎重になりすぎても、大胆になりすぎてもリスクがあるのであれば、自分が正しいと思う道を進むのがベストではないでしょうか?

そうは言っても、名医の肝臓がん治療を受けられる病院の心当たりがあったわけではありませんでした。
そこから探し始めるということは、準備の時間がかかることを計算に入れておかなくてはなりません。
砂浜からひとかけらのダイヤモンドを探し出すよう行為なのか、それとも東京で言えば新宿のようなターミナル駅で待ち合わせの相手を見つけ出す程度のものであるかすら分からない状態でした。

そんな状況において、肝臓がん治療を名医から受けるためのコツがあります。
すぐに現在通院している病院を去るのではなく、しばらくはお世話になりながら新しい権威を探し始めるということです。
転職するにしても、現在勤めている会社を辞めてから転職先を探し始めるのではなく、在職中に面接を受けておくことがセオリーとなっています。
早めに退職してしまうと金銭的に負担が大きくなるだけではなく、すぐに新しい企業を見つけようと焦ってしまうために安易に妥協してしまったり、離職期間が長引くと就業の意欲が疑われやすくなってしまうというデメリットがあるからです。

宙ぶらりんの状態というのは望ましい状況ではありませんので、肝臓がん治療のために名医を捜すにしても、その期間をどのように乗り切るのかという問題はあります。
症状が急変するという可能性も否定できませんし、何もしなければ胃や肺に症状が転移する危険も増します。
再就職先は在職中に見つけて内定までこぎつけておくという教えは、闘病生活にも応用できるのではないでしょうか?

人生において重要な決定をするのなら、今の状態を維持したままで次の一手を模索した方がよいということかもしれません。
強く望んでも名医が肝臓がん治療を担当してくれるという保証があるわけではないということを考えると、これまでお世話になった主治医との関係を険悪にしてしまうのはリスクが大きすぎるでしょう。
アルコールの摂取量を減らしたり、生活習慣を見直したりと患者が自助努力でできることも多くありますが、やはり病院のサポートは必須です。

コツコツと努力を積み上げていくというスタイルであれば、慌てないで着実に進んでいくことが大切です。
すぐに名医が見つからないと焦ってしまい、結局適当な病院を見つけることもできずに他のたまたま行き着いた医療機関に駆け込むとう事態を避けるためには、症状を見極めて治療しながらという姿勢が好ましいのです。
途中経過を省略して結果を出せば、自分が優秀な人間になれた気がして誇らしいものですが、その方法がうまく機能しなかったときのことだって想定しておかなくてはなりません。

出掛けるのであれば、雨が降るかもしれないし、強風にさらされるかもしれないという可能性を考慮にいれておくのと同じことです。
不測の事態に陥って混乱しないためには、どのような現象が予想されるかを事前にシミュレーションしておくことが欠かせません。
肝臓がん治療は名医にかかれば確実に成功するのか、そうだとすればどのくらいの期間を想定しておけばいいのかといったところまで詰めておければなおさら望ましいでしょう。

会社なら突然のリストラや上司との喧嘩別れということもあるでしょうが、病院にとって患者は顧客と同じですから、突然見放されるということは通常起こりませんし、企業ほど唐突に倒産することもまれです。
その意味では自分が主体となって、状況をコントロールすることができるというメリットに恵まれているのです。
視野を狭めて名医の治療だけに意識を特化させてしまうよりも、様々な角度から物事を分析する方が健康を取り戻すために適切な立ち位置を確保していると言えるでしょう。

 肝臓がんの原因 アルコール
ガン治療に最も効果的な食事法

アルコール肝臓がん原因となりますので、治療に際しては控えるべきものとなります。日常的にアルコールを大量に摂取することは肝臓に対して大きな負担を強いることになり、なおかつ沈黙の臓器と呼ばれるだけあって、なかなか自覚症状が出てこないという特徴があります。そのため、知らず知らずのうちにアルコールが肝臓がんの原因となっていて、気付いた時には末期症状にまで悪化してしまっていることもあります。

このような事態を避けることは重要なことなのですが、実際には難しいところがあります。自覚症状があれば危機感を持つものですが、検査をしなければ気付きづらいという性質のために発見が遅れ、結局手術の甲斐もないほどに悪性腫瘍が転移していることが珍しくないのです。アルコールが肝臓がんの原因になっていることは常識でも、それに見合うだけの健康管理ができている人はまれなのではないでしょうか?

たとえば、船のマストが痛んでいたとしても、嵐の夜に柱が折れて倒れるまでは誰もが深刻に捉えずに放置しておいたという事態に似ています。検査をしないでアルコールを摂取しつづけたことが原因で肝臓がんを発症したことに気付かなかった場合、処置が遅れる分だけ危険も増します。早い段階で治療を始めていれば助かった命も、肝臓がんの原因となった不注意のために助からないことがあるのです。定期的な検査を受けることは、命を守るための自衛策として欠かせません。

 肝臓がんの転移予防策
ガン治療に最も効果的な食事法

治療において肝臓がんの転移は絶対に避けなければいけないものです。
他の臓器にまで症状が広がってしまえば、治療は困難になり、やがては命を落とすことになりかねません。
まだ初期の段階であれば、手術による切除や抗がん剤の投与によって対処できる場合も多いのですが、症状が進行し、体中に広がってしまえばそれも難しいのです。

胃や肺など、他の臓器に肝臓がんが転移するのを防ぐための方策について、基本的なポイントだけでも患者が知っておくことは闘病生活において無駄ではないでしょう。
名医を探したり、場合によっては手術を受ける決意を固めたりと、考えなくてはならない事柄はたくさんありますが、まずは基礎を押さえなくては始まりません。
根本の部分がしっかりしたものであれば、そこから派生して生じた出来事も大筋においては間違っていないものです。

手術にしろ治療にしろ肝臓がんの転移が進んでしまえば効果が薄れてしまうことはいなめません。
火に水をかければ消すことができますが、1リットルの水で山火事を消火することは到底できません。
焼け石に水というのも同じようなたとえでしょう。

では、治療の妨げとなる肝臓がんの転移を予防するためにはどのような方策があるのでしょうか?
早期発見というのが回答の一つでしょう。
問題が発生したら放置しないで一刻も早く手を打つべきだというのは、闘病生活においてのみではなく、私達の暮らし全般において共通する真理ではないでしょうか。
抗がん剤や手術を受ける前に、まずは肝臓がんが転移する前に発見することが必要なのです。

大量のアルコールの摂取や喫煙習慣であったり、睡眠不足であったり、現代人の暮らしは様々な面で健康をおびやかすものになってしまっています。
一方で、健康志向が広がっている側面もあり、医療格差以前に日常生活における意識の持ち方に大きな格差が生じていることは見逃せません。
意識の問題は自己責任というほかはありませんし、不健康な暮らしを送りつづけて肝臓がん転移に悩まされることになっても、原因の一部はその人自身にあると評価せざるをえないでしょう。

いざ告知を受けて余命を宣告されたり、手術や辛い抗がん剤治療が待っていると告知されれば、ほとんどの人が動揺し、これまでの暮らしを後悔するものです。
休肝日をおいておけばよかったとか、たまには運動をする習慣を身につけておけばよかったとか、多くは基本的なことができていなかったことに悔いが残るのです。
ただ言えることは、過去をいつまでも振り返っていても仕方ありませんし、肝臓がん転移を進行させないために今、何ができるかを考えましょう。

過去の延長線上に現在があるのと同じように、現在の積み重ねが次の未来を生み出すのです。
これ以上後になってやりのこしたことが出てこないように、全力で毎日を生きてください。
名医を見つけて肝臓がん転移について相談したいということなら、それもいいでしょう。

そうなると、名医のいる病院についての情報を集める必要がでてきますが、インターネットや雑誌、口コミなど、手を尽くして調べましょう。
無駄な情報も集まってくるでしょうが、それらは捨ててしまえばよいのです。
取捨選択は必須の能力であり、肝臓がん転移予防に役立たない情報などはさっさと通り過ぎてしまえばいいだけです。

胃であったり肺であったり、あるいは小腸や大腸など、他の器官にまで症状が進行してしまえば、泥沼の戦いになっていきます。
火種が小さいうちに消化するというのが、予防医学の鉄則です。
ひどくなってから手術や治療をするより、肝臓がん転移を防ぐための方策を一刻もはやく立てて実行に移してください。

慣れないことが多くてストレスがたまることもあるとは思います。
しかし、それもすべては自分の人生を取り戻すためなのです。
肝臓がんが転移してしまえば余命が短くなるだけではなく、できることも制限され、自由さえも失っていくことになります。

自分の体が思い通りに動かないという悲劇を体験したくないのなら、早い段階で症状が悪化するのを防ぐことです。
今日できることを明日に伸ばすなとは、リンカーンの言葉だそうです。
偉人の残した言葉には時代が変わっても色あせることのない原理を説いたものがあり、この格言はまさに肝臓がんの転移を防ぐための治療にも適用できるものでしょう。

過去を振り返ってみて、健康に配慮した生活以外はしていないと断言できる人はいないでしょう。
アルコールや睡眠不足など、何かしら不健康な生活習慣として思い当たる点があるはずです。
1年後に今の暮らしを思い返した場合に、どの点を反省するかを洗い出してみましょう。
先回りして手を打つことができれば、その分転移の予防になったり、後日悔しい思いをしなくてすんだりするはずです。

治療は大切なことなのですが、症状を後追いしていたのでは、なかなか完治することはなく、他の臓器への転移が始まってしまうといたちごっこになりかねません。
だからこそ、抗がん剤の投薬でも手術でも、今後起こる出来事についてあらかじめ予測しておくことが欠かせないのです。
人間には想像力という武器がありますし、過去のデータを分析する能力もあります。

過去を最大限に活用することで未来を開拓できれば、それだけ暮らしの質は歴史と共に向上するはずです。
これ以上体調を悪化させないためにも、肝臓がんの転移を予防するための方策を主治医とよく話し合っておきましょう。
自分の生活習慣を見つめなおしてみて、疑問点が出てきたのであれば、素直にそれを相談してみるのも手です。

せっかく病院に足を運んでいるのですから、自分の胸に色々な思いを押し込んでおくことはありません。
辛さや不安な気持ちは医師にも肩代わりしてもらって、共同作業で乗り越えていくという意識でいきましょう。
多くの患者を治療してきた医師なら、肝臓がん転移に関しても様々な事例を研究しているはずです。
その知恵を借りない手はありません。

症状が進行して末期にまで至ってしまう前に手術をしなくてはならないという宣告を受けることもありますし、そこまでしなくても抗がん剤の投薬で処置できるというケースもあります。
診断結果によりますので、一概に何をすればいいとは言えませんが、主治医の指示に従って肝臓がん転移を防ぐというのが鉄則でしょう。
自分は医学の素人であるというだけではなく、この体の所有者であるという意識を持って、闘病生活を送っていくことができれば、気持ちが揺らいだときでも乗り切れるはずです。


 肝臓がんの症状を解説
ガン治療に最も効果的な食事法

肝臓がん症状についての正確な知識を持つことにより、その後の治療も円滑に進むようになります。
自分がかかっている病気のことを知らないということでは、右も左も分からない世界なので目を閉じて暮らそうというのと同じことです。
肝臓がん症状や、生存率はどのくらいなのか、アルコールは控えた方がいいのか、転移や手術にはどのようなリスクが伴うのかといった様々な疑問をもっているはずですが、それを調べたり質問しないでいると、いつのまにか不可解な難病にかかっているような気持ちになってしまい、現実以上に悲観的な気持ちに陥ってしまいます。

確かに簡単に治療できる病気ではありませんし、場合によっては命に関わる事だってあります。
放置しておけば胃や肺などに転移することもあり、油断することが許されるものではありません。
これらは間違ってはいないものの、肝臓がんの症状についての一つの側面だけを解説したものであって、全貌を把握するには不十分な情報です。

物事には接近して個別具体的に考察すべきものと、全体を俯瞰して見渡す必要のあるものとがあります。
これは医学の世界だけに限った話ではなく、たとえばビジネスマン向けの書籍では、アイディアを出すための方法といて虫の目と鳥の目を持て、という内容で記述されていることもあるものなのです。
虫の目とは物事を細かく検討すること、たとえば転移について調べるのであれば、どの臓器に何%の割合で起こることなのか、どのような条件が揃ったときが危険なのか、予防するためにはどのような方法があるのかといったことを追求していきます。

それに対して鳥の目とは、空からあたりを見渡すように全体像を掴むためもので、大局観と言い換えてもいいものです。
医療に置き換えると、肝臓がん症状がどのようなものかを考えるときに、転移の危険だけではなく、手術や抗がん剤を含めた治療法にどのようなものがあるのか、生存率は何%で現在どのような研究が進んでいるのか、アルコールの及ぼす影響はどうなのか、といった総合的な観点から見渡すといった内容になります。
虫の目が細かいことまで徹底的に追求していくもので、鳥の目は大きなものだけを対象にして大雑把に理解をしておこうというものだと言えます。

肝臓がんの症状に関しては、まず鳥の目で一般的な内容を確認しておいて、そこから虫の目を活用していくのがよいでしょう。
全体像の把握については、難解な専門用語等はひとまず飛ばして、簡潔な解説だけを読み込んでおくことをお勧めします。
そこから虫の目に移る時には、より詳細で難しい専門的な医学書を読むよりも、自分の状態を知ることを糸口にすることが最善かと思います。

詳しい内容が紹介されている専門書が悪いというわけではないのですが、元々が医師や医学生向けにかかれているものなので、医学の基本的な知識がない状態で読んでいっても、内容の理解が難しいだけではなく、時間もかかってしまいます。
時間の経過は肝臓がんの症状が悪化することをもたらすことになり、転移を引き起こすこともあるのであまり許容できることではありません。
そうなると、自分が検査を受けてどのような診断結果が出たのかというところを入り口にして調べていった方が、短期間で役立つ情報を獲得しやすいのです。

アルコールを飲むという方であれば、アルコールの摂取について調べることになりますし、まったくお酒を飲まない方であれば、アルコールについて調べることは優先事項ではありません。
自分にとって何が関係してくるのかを考えるということは、余計な回り道をしないということです。
まずは至急知っておかなくてはならないことを調べておき、余裕ができてから肝臓がんの症状についてより詳細に知識を得ていくということだってできます。

自分の治療に関わることの方が、鳥の目で全体像を把握するよりも先ではないかという意見もあるかと思いますが、本当に緊急の場合を除き、まずはどのような病気であるのかといった基本情報がないと、担当医から説明された肝臓がん症状、すなわち現状がすべてであると思い込んでしまう危険性があるので、お勧めできないのです。
現在の状態が絶対であればかまわないのですが、病状というのは日々変化しますので、少し時間が経ったら通用しない知識であるにもかかわらず、最初に刷り込んでしまったイメージからいつまでも抜け出せなくなってしまうという恐れがあります。
局所的な見方で印象が決まってしまうと、その印象を通して他の側面も見ようとしてしまうため、結果的な歪曲した見方になってしまうというリスクは無視できません。

偏見など持っていないつもりでも、案外イメージが固まってしまうとそこから抜け出せないのが人間の性です。
肝臓がんの症状についても同様のことが言えるので、虫の目で細かいところまで検討するよりも先に、鳥の目で全体を見回しておくことを優先してほしいと思います。
ただし、これは一般論であって例外もあります。

転移が進んでいて、緊急に手術をしなくては命が助からないという宣告を医師から受けたときに、時間をかけて知識を吸収している暇はありません。
あまり好ましいことではありませんが、肝臓がんがどのような症状の病気かを独自で調べることを省いて、手術するかどうかの決断を下さなければならないというシチュエーションも考えられます。
そのような場合に、病院で受けた説明を根拠に結論を導き出すことを否定することはできません。

正しい決定には、そのための事前情報や前提条件についての精査が欠かせませんが、それが通用しないほどに緊急を要する事態が存在することも事実なのです。
症状別に治療法も変わってきますし、肝臓がん名医からの手術を受けるための病院選びについても考慮を要するものではありますが、その猶予さえも許されないことだってあるのですから、かたくなに基本に固執しているわけにもいきません。
基本が分かっていれば、応用をして時にも型が崩れ去ることはありません。

治療において臨機応変な対応は欠かせませんので、それは忘れないで下さい。
ただ、やるべきことを先延ばしにしたことによって緊急事態を招いてしまうということは避けましょう。
知識を得る時間が充分にあったにもかかわらず、肝臓がんの症状について調べておかなかったという後悔は残念なことです。

 フォーリーブスの青山孝史さんが肝臓がんで死去
ガン治療に最も効果的な食事法

残念ながら57歳にして、フォーリーブスのメンバー青山孝史さんが肝臓がんが原因で亡くなってしまいました。ご冥福をお祈りします。

フォーリーブスの青山孝史さんが死去
1月28日13時36分配信 スポーツ報知

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090128-00000212-sph-ent
 1970年代に活躍した4人組アイドルグループ「フォーリーブス」の青山孝史さんが28日、肝臓がんのため都内の病院で亡くなった。57歳だった。

 16日に会見した同僚の江木俊夫(56)によると、青山さんは昨年10月中旬にがんが見つかり、深刻な病状だったが「どういう形になってもステージに出たい」と開催中の同グループの全国ツアーに、入院先を抜け出して出演。10歳になる娘を思い「1秒でも(長く)生きたい」と話していたという。

 青山さんは67年に江木、おりも政夫、北公次の4人でフォーリーブスを結成し、「オリビアの調べ」でデビュー。歌って踊る人気グループの先駆けとなり、NHK紅白歌合戦には70年の初出場から7年連続出場。78年に解散後、2002年に再結成していた。



 肝臓がん末期症状の恐怖
ガン治療に最も効果的な食事法

肝臓がん末期症状に至ると、治療方法が限られ、完治に向けて有効な手立てがなくなってしまうことがあります。その場合にはQOL(クオリティー・オブ・ライフ、生活の質)を向上させることや、延命が治療の目的となります。

しかし、実際に望むのは病気を克服して健康を取り戻すことでしょう。そのためには、肝臓がんの末期症状をどうにかすることよりも、初期の段階で治療を始めることがもっとも大切です。

すでに肝臓がんが末期症状に至ってしまったのなら、その事実と向き合わなければなりませんが、多くの場合には、定期的な検査や兆候を知っておくことで、もっと早い段階で発見できるのです。

自覚できる症状としては、食欲不振、全身倦怠感、便秘、下痢、黄疸、貧血、腹水などがあります。もっとも、これは肝臓がんに特有のものではありませんので、肝硬変など、他の病気という可能性も否定できません。まずは病院で検査を受けることが大切です。

黄疸や腹水は肝臓がんが末期症状になってから出てくるという話もありますが、癌のできた部位や体質によっても変わってきます。まずは優秀な専門医とよく相談して、今後の治療方針を決めましょう。

末期症状に至ると、すでに転移していることも多く、手術を行うことができないケースが多々あります。本来、手術は完治に向けての有効な治療なのですが、それが使えないとなると、闘病生活は厳しい状態に追い込まれてしまいます。

十分な実績を積み重ねてきた肝臓がんの名医と共に、末期症状からの生還を果たすことを考えてみてはいかがでしょうか。似た状況を経験し、そして成果をあげた名医であれば、一般的な専門医では不可能なことでも、可能にしてくれる可能性はあります。

 緒形拳さんと肝臓がん
ガン治療に最も効果的な食事法

有名俳優の緒形拳さんが肝臓がんで亡くなりました。仕事の関係者には隠して仕事を続けていたということです。端的にこの病気の恐ろしさを物語っているとも言えるでしょう。きっと緒形拳さんは自分の病気や余命について理解していたのではないかと思います。

現在も多くの人が肝臓がんと闘っており、緒形拳さんの死にショックを受けていることと思います。たしかに、症状が末期に近づいていけば、名医であっても完治させることができるとは限りません。

しかし、緒形拳さんは肝臓がんを患いながらも、死の直前まで俳優としての仕事を続けていました。それもまた、一つの立派な生き方です。完治ができないのであれば、どのような生き方をしたいかを尊重するのも、治療の役割の一つです。


死因は肝がん 緒形拳さん、関係者らに口止めして闘病 直人さん「仕事に意欲的で前向きな人」
10月7日16時56分配信 オリコン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000013-oric-ent

緒形直人さん

 今月5日に死去した俳優・緒形拳さんの告別式が7日(火)都内で営まれ、長男の緒形幹太さんと次男の緒形直人さんが報道陣に、肝がんが影響して肝臓が破裂、出血したことが死因だったことを明かした。

津川雅彦、故・緒形拳さんの最期を綴る

 3日間「泣きじゃくりました」と憔悴しきった2人は、今月4日の夕方に拳さんが体調を崩し翌5日に入院、手術を試みるも夜11時53分に帰らぬ人となってしまったことをうつむきながら報道陣に報告。8年前に肝炎を患っていたことについて直人さんは「仕事に意欲的で前向きな人。病気に打ち勝つという思いが強かったと思うが突然のことで……」とコメント。幹太さんも「仕事関係には(肝がんを)絶対に言うなと口止めされていた」と下を向きながら話した。



copyright © 2005 肝臓がんの治療と手術の実績がある病院 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。