肝臓がんの治療と手術の実績がある病院
   症状別に肝臓がんの治療や手術の名医が続々登場

 

 スポンサーサイト
ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 緒形拳さんと肝臓がん
ガン治療に最も効果的な食事法

有名俳優の緒形拳さんが肝臓がんで亡くなりました。仕事の関係者には隠して仕事を続けていたということです。端的にこの病気の恐ろしさを物語っているとも言えるでしょう。きっと緒形拳さんは自分の病気や余命について理解していたのではないかと思います。

現在も多くの人が肝臓がんと闘っており、緒形拳さんの死にショックを受けていることと思います。たしかに、症状が末期に近づいていけば、名医であっても完治させることができるとは限りません。

しかし、緒形拳さんは肝臓がんを患いながらも、死の直前まで俳優としての仕事を続けていました。それもまた、一つの立派な生き方です。完治ができないのであれば、どのような生き方をしたいかを尊重するのも、治療の役割の一つです。


死因は肝がん 緒形拳さん、関係者らに口止めして闘病 直人さん「仕事に意欲的で前向きな人」
10月7日16時56分配信 オリコン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081007-00000013-oric-ent

緒形直人さん

 今月5日に死去した俳優・緒形拳さんの告別式が7日(火)都内で営まれ、長男の緒形幹太さんと次男の緒形直人さんが報道陣に、肝がんが影響して肝臓が破裂、出血したことが死因だったことを明かした。

津川雅彦、故・緒形拳さんの最期を綴る

 3日間「泣きじゃくりました」と憔悴しきった2人は、今月4日の夕方に拳さんが体調を崩し翌5日に入院、手術を試みるも夜11時53分に帰らぬ人となってしまったことをうつむきながら報道陣に報告。8年前に肝炎を患っていたことについて直人さんは「仕事に意欲的で前向きな人。病気に打ち勝つという思いが強かったと思うが突然のことで……」とコメント。幹太さんも「仕事関係には(肝がんを)絶対に言うなと口止めされていた」と下を向きながら話した。



 肝臓がん末期症状の恐怖
ガン治療に最も効果的な食事法

肝臓がん末期症状に至ると、治療方法が限られ、完治に向けて有効な手立てがなくなってしまうことがあります。その場合にはQOL(クオリティー・オブ・ライフ、生活の質)を向上させることや、延命が治療の目的となります。

しかし、実際に望むのは病気を克服して健康を取り戻すことでしょう。そのためには、肝臓がんの末期症状をどうにかすることよりも、初期の段階で治療を始めることがもっとも大切です。

すでに肝臓がんが末期症状に至ってしまったのなら、その事実と向き合わなければなりませんが、多くの場合には、定期的な検査や兆候を知っておくことで、もっと早い段階で発見できるのです。

自覚できる症状としては、食欲不振、全身倦怠感、便秘、下痢、黄疸、貧血、腹水などがあります。もっとも、これは肝臓がんに特有のものではありませんので、肝硬変など、他の病気という可能性も否定できません。まずは病院で検査を受けることが大切です。

黄疸や腹水は肝臓がんが末期症状になってから出てくるという話もありますが、癌のできた部位や体質によっても変わってきます。まずは優秀な専門医とよく相談して、今後の治療方針を決めましょう。

末期症状に至ると、すでに転移していることも多く、手術を行うことができないケースが多々あります。本来、手術は完治に向けての有効な治療なのですが、それが使えないとなると、闘病生活は厳しい状態に追い込まれてしまいます。

十分な実績を積み重ねてきた肝臓がんの名医と共に、末期症状からの生還を果たすことを考えてみてはいかがでしょうか。似た状況を経験し、そして成果をあげた名医であれば、一般的な専門医では不可能なことでも、可能にしてくれる可能性はあります。

 フォーリーブスの青山孝史さんが肝臓がんで死去
ガン治療に最も効果的な食事法

残念ながら57歳にして、フォーリーブスのメンバー青山孝史さんが肝臓がんが原因で亡くなってしまいました。ご冥福をお祈りします。

フォーリーブスの青山孝史さんが死去
1月28日13時36分配信 スポーツ報知

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090128-00000212-sph-ent
 1970年代に活躍した4人組アイドルグループ「フォーリーブス」の青山孝史さんが28日、肝臓がんのため都内の病院で亡くなった。57歳だった。

 16日に会見した同僚の江木俊夫(56)によると、青山さんは昨年10月中旬にがんが見つかり、深刻な病状だったが「どういう形になってもステージに出たい」と開催中の同グループの全国ツアーに、入院先を抜け出して出演。10歳になる娘を思い「1秒でも(長く)生きたい」と話していたという。

 青山さんは67年に江木、おりも政夫、北公次の4人でフォーリーブスを結成し、「オリビアの調べ」でデビュー。歌って踊る人気グループの先駆けとなり、NHK紅白歌合戦には70年の初出場から7年連続出場。78年に解散後、2002年に再結成していた。



copyright © 2005 肝臓がんの治療と手術の実績がある病院 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。