肝臓がんの治療と手術の実績がある病院
   症状別に肝臓がんの治療や手術の名医が続々登場

 

 スポンサーサイト
ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 肝臓がんの転移予防策
ガン治療に最も効果的な食事法

治療において肝臓がんの転移は絶対に避けなければいけないものです。
他の臓器にまで症状が広がってしまえば、治療は困難になり、やがては命を落とすことになりかねません。
まだ初期の段階であれば、手術による切除や抗がん剤の投与によって対処できる場合も多いのですが、症状が進行し、体中に広がってしまえばそれも難しいのです。

胃や肺など、他の臓器に肝臓がんが転移するのを防ぐための方策について、基本的なポイントだけでも患者が知っておくことは闘病生活において無駄ではないでしょう。
名医を探したり、場合によっては手術を受ける決意を固めたりと、考えなくてはならない事柄はたくさんありますが、まずは基礎を押さえなくては始まりません。
根本の部分がしっかりしたものであれば、そこから派生して生じた出来事も大筋においては間違っていないものです。

手術にしろ治療にしろ肝臓がんの転移が進んでしまえば効果が薄れてしまうことはいなめません。
火に水をかければ消すことができますが、1リットルの水で山火事を消火することは到底できません。
焼け石に水というのも同じようなたとえでしょう。

では、治療の妨げとなる肝臓がんの転移を予防するためにはどのような方策があるのでしょうか?
早期発見というのが回答の一つでしょう。
問題が発生したら放置しないで一刻も早く手を打つべきだというのは、闘病生活においてのみではなく、私達の暮らし全般において共通する真理ではないでしょうか。
抗がん剤や手術を受ける前に、まずは肝臓がんが転移する前に発見することが必要なのです。

大量のアルコールの摂取や喫煙習慣であったり、睡眠不足であったり、現代人の暮らしは様々な面で健康をおびやかすものになってしまっています。
一方で、健康志向が広がっている側面もあり、医療格差以前に日常生活における意識の持ち方に大きな格差が生じていることは見逃せません。
意識の問題は自己責任というほかはありませんし、不健康な暮らしを送りつづけて肝臓がん転移に悩まされることになっても、原因の一部はその人自身にあると評価せざるをえないでしょう。

いざ告知を受けて余命を宣告されたり、手術や辛い抗がん剤治療が待っていると告知されれば、ほとんどの人が動揺し、これまでの暮らしを後悔するものです。
休肝日をおいておけばよかったとか、たまには運動をする習慣を身につけておけばよかったとか、多くは基本的なことができていなかったことに悔いが残るのです。
ただ言えることは、過去をいつまでも振り返っていても仕方ありませんし、肝臓がん転移を進行させないために今、何ができるかを考えましょう。

過去の延長線上に現在があるのと同じように、現在の積み重ねが次の未来を生み出すのです。
これ以上後になってやりのこしたことが出てこないように、全力で毎日を生きてください。
名医を見つけて肝臓がん転移について相談したいということなら、それもいいでしょう。

そうなると、名医のいる病院についての情報を集める必要がでてきますが、インターネットや雑誌、口コミなど、手を尽くして調べましょう。
無駄な情報も集まってくるでしょうが、それらは捨ててしまえばよいのです。
取捨選択は必須の能力であり、肝臓がん転移予防に役立たない情報などはさっさと通り過ぎてしまえばいいだけです。

胃であったり肺であったり、あるいは小腸や大腸など、他の器官にまで症状が進行してしまえば、泥沼の戦いになっていきます。
火種が小さいうちに消化するというのが、予防医学の鉄則です。
ひどくなってから手術や治療をするより、肝臓がん転移を防ぐための方策を一刻もはやく立てて実行に移してください。

慣れないことが多くてストレスがたまることもあるとは思います。
しかし、それもすべては自分の人生を取り戻すためなのです。
肝臓がんが転移してしまえば余命が短くなるだけではなく、できることも制限され、自由さえも失っていくことになります。

自分の体が思い通りに動かないという悲劇を体験したくないのなら、早い段階で症状が悪化するのを防ぐことです。
今日できることを明日に伸ばすなとは、リンカーンの言葉だそうです。
偉人の残した言葉には時代が変わっても色あせることのない原理を説いたものがあり、この格言はまさに肝臓がんの転移を防ぐための治療にも適用できるものでしょう。

過去を振り返ってみて、健康に配慮した生活以外はしていないと断言できる人はいないでしょう。
アルコールや睡眠不足など、何かしら不健康な生活習慣として思い当たる点があるはずです。
1年後に今の暮らしを思い返した場合に、どの点を反省するかを洗い出してみましょう。
先回りして手を打つことができれば、その分転移の予防になったり、後日悔しい思いをしなくてすんだりするはずです。

治療は大切なことなのですが、症状を後追いしていたのでは、なかなか完治することはなく、他の臓器への転移が始まってしまうといたちごっこになりかねません。
だからこそ、抗がん剤の投薬でも手術でも、今後起こる出来事についてあらかじめ予測しておくことが欠かせないのです。
人間には想像力という武器がありますし、過去のデータを分析する能力もあります。

過去を最大限に活用することで未来を開拓できれば、それだけ暮らしの質は歴史と共に向上するはずです。
これ以上体調を悪化させないためにも、肝臓がんの転移を予防するための方策を主治医とよく話し合っておきましょう。
自分の生活習慣を見つめなおしてみて、疑問点が出てきたのであれば、素直にそれを相談してみるのも手です。

せっかく病院に足を運んでいるのですから、自分の胸に色々な思いを押し込んでおくことはありません。
辛さや不安な気持ちは医師にも肩代わりしてもらって、共同作業で乗り越えていくという意識でいきましょう。
多くの患者を治療してきた医師なら、肝臓がん転移に関しても様々な事例を研究しているはずです。
その知恵を借りない手はありません。

症状が進行して末期にまで至ってしまう前に手術をしなくてはならないという宣告を受けることもありますし、そこまでしなくても抗がん剤の投薬で処置できるというケースもあります。
診断結果によりますので、一概に何をすればいいとは言えませんが、主治医の指示に従って肝臓がん転移を防ぐというのが鉄則でしょう。
自分は医学の素人であるというだけではなく、この体の所有者であるという意識を持って、闘病生活を送っていくことができれば、気持ちが揺らいだときでも乗り切れるはずです。


copyright © 2005 肝臓がんの治療と手術の実績がある病院 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。