肝臓がんの治療と手術の実績がある病院
   症状別に肝臓がんの治療や手術の名医が続々登場

 

 スポンサーサイト
ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 名医の肝臓がん治療を受ける前に
ガン治療に最も効果的な食事法

名医から肝臓がん治療を受けて症状を劇的に改善できたという話を聞いて、今の主治医の元を去ろうか、しっかり考え直す時期がきたと感じました。
たしかにこれまで担当してもらった恩を忘れるつもりはありませんが、人間的にもあまり尊敬できるとはお世辞にも言えませんし、このままずるずると後ろ髪を引かれるような過ごし方をしてしまえば、その間に症状が他の臓器に転移してしまう可能性もあります。
慎重になりすぎても、大胆になりすぎてもリスクがあるのであれば、自分が正しいと思う道を進むのがベストではないでしょうか?

そうは言っても、名医の肝臓がん治療を受けられる病院の心当たりがあったわけではありませんでした。
そこから探し始めるということは、準備の時間がかかることを計算に入れておかなくてはなりません。
砂浜からひとかけらのダイヤモンドを探し出すよう行為なのか、それとも東京で言えば新宿のようなターミナル駅で待ち合わせの相手を見つけ出す程度のものであるかすら分からない状態でした。

そんな状況において、肝臓がん治療を名医から受けるためのコツがあります。
すぐに現在通院している病院を去るのではなく、しばらくはお世話になりながら新しい権威を探し始めるということです。
転職するにしても、現在勤めている会社を辞めてから転職先を探し始めるのではなく、在職中に面接を受けておくことがセオリーとなっています。
早めに退職してしまうと金銭的に負担が大きくなるだけではなく、すぐに新しい企業を見つけようと焦ってしまうために安易に妥協してしまったり、離職期間が長引くと就業の意欲が疑われやすくなってしまうというデメリットがあるからです。

宙ぶらりんの状態というのは望ましい状況ではありませんので、肝臓がん治療のために名医を捜すにしても、その期間をどのように乗り切るのかという問題はあります。
症状が急変するという可能性も否定できませんし、何もしなければ胃や肺に症状が転移する危険も増します。
再就職先は在職中に見つけて内定までこぎつけておくという教えは、闘病生活にも応用できるのではないでしょうか?

人生において重要な決定をするのなら、今の状態を維持したままで次の一手を模索した方がよいということかもしれません。
強く望んでも名医が肝臓がん治療を担当してくれるという保証があるわけではないということを考えると、これまでお世話になった主治医との関係を険悪にしてしまうのはリスクが大きすぎるでしょう。
アルコールの摂取量を減らしたり、生活習慣を見直したりと患者が自助努力でできることも多くありますが、やはり病院のサポートは必須です。

コツコツと努力を積み上げていくというスタイルであれば、慌てないで着実に進んでいくことが大切です。
すぐに名医が見つからないと焦ってしまい、結局適当な病院を見つけることもできずに他のたまたま行き着いた医療機関に駆け込むとう事態を避けるためには、症状を見極めて治療しながらという姿勢が好ましいのです。
途中経過を省略して結果を出せば、自分が優秀な人間になれた気がして誇らしいものですが、その方法がうまく機能しなかったときのことだって想定しておかなくてはなりません。

出掛けるのであれば、雨が降るかもしれないし、強風にさらされるかもしれないという可能性を考慮にいれておくのと同じことです。
不測の事態に陥って混乱しないためには、どのような現象が予想されるかを事前にシミュレーションしておくことが欠かせません。
肝臓がん治療は名医にかかれば確実に成功するのか、そうだとすればどのくらいの期間を想定しておけばいいのかといったところまで詰めておければなおさら望ましいでしょう。

会社なら突然のリストラや上司との喧嘩別れということもあるでしょうが、病院にとって患者は顧客と同じですから、突然見放されるということは通常起こりませんし、企業ほど唐突に倒産することもまれです。
その意味では自分が主体となって、状況をコントロールすることができるというメリットに恵まれているのです。
視野を狭めて名医の治療だけに意識を特化させてしまうよりも、様々な角度から物事を分析する方が健康を取り戻すために適切な立ち位置を確保していると言えるでしょう。

copyright © 2005 肝臓がんの治療と手術の実績がある病院 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。