肝臓がんの治療と手術の実績がある病院
   症状別に肝臓がんの治療や手術の名医が続々登場

 

 スポンサーサイト
ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 肝臓がんの症状を解説
ガン治療に最も効果的な食事法

肝臓がん症状についての正確な知識を持つことにより、その後の治療も円滑に進むようになります。
自分がかかっている病気のことを知らないということでは、右も左も分からない世界なので目を閉じて暮らそうというのと同じことです。
肝臓がん症状や、生存率はどのくらいなのか、アルコールは控えた方がいいのか、転移や手術にはどのようなリスクが伴うのかといった様々な疑問をもっているはずですが、それを調べたり質問しないでいると、いつのまにか不可解な難病にかかっているような気持ちになってしまい、現実以上に悲観的な気持ちに陥ってしまいます。

確かに簡単に治療できる病気ではありませんし、場合によっては命に関わる事だってあります。
放置しておけば胃や肺などに転移することもあり、油断することが許されるものではありません。
これらは間違ってはいないものの、肝臓がんの症状についての一つの側面だけを解説したものであって、全貌を把握するには不十分な情報です。

物事には接近して個別具体的に考察すべきものと、全体を俯瞰して見渡す必要のあるものとがあります。
これは医学の世界だけに限った話ではなく、たとえばビジネスマン向けの書籍では、アイディアを出すための方法といて虫の目と鳥の目を持て、という内容で記述されていることもあるものなのです。
虫の目とは物事を細かく検討すること、たとえば転移について調べるのであれば、どの臓器に何%の割合で起こることなのか、どのような条件が揃ったときが危険なのか、予防するためにはどのような方法があるのかといったことを追求していきます。

それに対して鳥の目とは、空からあたりを見渡すように全体像を掴むためもので、大局観と言い換えてもいいものです。
医療に置き換えると、肝臓がん症状がどのようなものかを考えるときに、転移の危険だけではなく、手術や抗がん剤を含めた治療法にどのようなものがあるのか、生存率は何%で現在どのような研究が進んでいるのか、アルコールの及ぼす影響はどうなのか、といった総合的な観点から見渡すといった内容になります。
虫の目が細かいことまで徹底的に追求していくもので、鳥の目は大きなものだけを対象にして大雑把に理解をしておこうというものだと言えます。

肝臓がんの症状に関しては、まず鳥の目で一般的な内容を確認しておいて、そこから虫の目を活用していくのがよいでしょう。
全体像の把握については、難解な専門用語等はひとまず飛ばして、簡潔な解説だけを読み込んでおくことをお勧めします。
そこから虫の目に移る時には、より詳細で難しい専門的な医学書を読むよりも、自分の状態を知ることを糸口にすることが最善かと思います。

詳しい内容が紹介されている専門書が悪いというわけではないのですが、元々が医師や医学生向けにかかれているものなので、医学の基本的な知識がない状態で読んでいっても、内容の理解が難しいだけではなく、時間もかかってしまいます。
時間の経過は肝臓がんの症状が悪化することをもたらすことになり、転移を引き起こすこともあるのであまり許容できることではありません。
そうなると、自分が検査を受けてどのような診断結果が出たのかというところを入り口にして調べていった方が、短期間で役立つ情報を獲得しやすいのです。

アルコールを飲むという方であれば、アルコールの摂取について調べることになりますし、まったくお酒を飲まない方であれば、アルコールについて調べることは優先事項ではありません。
自分にとって何が関係してくるのかを考えるということは、余計な回り道をしないということです。
まずは至急知っておかなくてはならないことを調べておき、余裕ができてから肝臓がんの症状についてより詳細に知識を得ていくということだってできます。

自分の治療に関わることの方が、鳥の目で全体像を把握するよりも先ではないかという意見もあるかと思いますが、本当に緊急の場合を除き、まずはどのような病気であるのかといった基本情報がないと、担当医から説明された肝臓がん症状、すなわち現状がすべてであると思い込んでしまう危険性があるので、お勧めできないのです。
現在の状態が絶対であればかまわないのですが、病状というのは日々変化しますので、少し時間が経ったら通用しない知識であるにもかかわらず、最初に刷り込んでしまったイメージからいつまでも抜け出せなくなってしまうという恐れがあります。
局所的な見方で印象が決まってしまうと、その印象を通して他の側面も見ようとしてしまうため、結果的な歪曲した見方になってしまうというリスクは無視できません。

偏見など持っていないつもりでも、案外イメージが固まってしまうとそこから抜け出せないのが人間の性です。
肝臓がんの症状についても同様のことが言えるので、虫の目で細かいところまで検討するよりも先に、鳥の目で全体を見回しておくことを優先してほしいと思います。
ただし、これは一般論であって例外もあります。

転移が進んでいて、緊急に手術をしなくては命が助からないという宣告を医師から受けたときに、時間をかけて知識を吸収している暇はありません。
あまり好ましいことではありませんが、肝臓がんがどのような症状の病気かを独自で調べることを省いて、手術するかどうかの決断を下さなければならないというシチュエーションも考えられます。
そのような場合に、病院で受けた説明を根拠に結論を導き出すことを否定することはできません。

正しい決定には、そのための事前情報や前提条件についての精査が欠かせませんが、それが通用しないほどに緊急を要する事態が存在することも事実なのです。
症状別に治療法も変わってきますし、肝臓がん名医からの手術を受けるための病院選びについても考慮を要するものではありますが、その猶予さえも許されないことだってあるのですから、かたくなに基本に固執しているわけにもいきません。
基本が分かっていれば、応用をして時にも型が崩れ去ることはありません。

治療において臨機応変な対応は欠かせませんので、それは忘れないで下さい。
ただ、やるべきことを先延ばしにしたことによって緊急事態を招いてしまうということは避けましょう。
知識を得る時間が充分にあったにもかかわらず、肝臓がんの症状について調べておかなかったという後悔は残念なことです。

copyright © 2005 肝臓がんの治療と手術の実績がある病院 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。