肝臓がんの治療と手術の実績がある病院
   症状別に肝臓がんの治療や手術の名医が続々登場

 

 スポンサーサイト
ガン治療に最も効果的な食事法

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 肝臓がん手術の名医
ガン治療に最も効果的な食事法

肝臓がん手術を名医から受けることは現代医学の最高到達点に近い治療を受けるということです。
症状や転移の状態によっては、必ずしも名医の治療が必要とは限りませんが、害になるものではありません。
代表的な肝臓がん手術の名医を網羅したランキングを参考にして、最適な病院を見つけましょう。

執刀医の腕一つで結果は大きく変わることもありますので、妥協せずに見極めることが大切です。
外科療法とも呼ばれることのある肝臓がん手術は、肝切除によって一部を切り取ってしまうという方法で、完治が期待できます。
ただし、デメリットもあり、合併症を引き起こすリスクがあり、場合によっては死に至るケースも報告されています。
入院期間と自宅療養期間が通算で数ヶ月に及ぶことがあるので、働いている方だと仕事を中断することになりますし、その間の生活費についてもどうにか工面しなくてはなりません。

健康というのは、人間にとって欠かすことのできない宝物であり、最も価値ある財産ですが、暮らしていけないというのも無視できません。
病院側との相談によって解決できる場合もありますので、治療費の支払いについて、心配ならあらかじめ話してみましょう。
一言で肝臓がん手術といっても切除の程度はまちまちで、影響の少ない部位を少量切り取るのが理想的です。

そのためには、初期症状の段階であることが条件となり、転移が進めばそれだけ少ない負担で完治を目指すことは困難になります。
すなわち、効果的に肝臓がんを手術しようとするのであれば、その前提となる検査や診断が適切に行われていることが前提となり、末期に近づけば近づいただけ、完治からは遠ざかる結果となります。
そのような悲劇を避けるために、普段から検診を受けるように心がけたり、生活習慣を見直したりしておきましょう。

覆水盆に返らずと言いますが、1度進行してしまった症状は何もしなければ元には戻りません。
むしろ悪化していくのが一般的で、それを肝臓がんの手術によって解決しようとしても、転移がひどければその場を乗り切るための対処療法にしかなりません。
切除をしても身体機能に影響を及ぼさない範囲は限られているので、その領域を越えれば合併症等のリスクが高まります。

少しでも生存率を高めるのであれば、やはり名医の存在を無視することはできないでしょう。
名医が肝臓がん手術を執刀した場合と、そうでない場合との生存率を比較した一覧表があればよいのでしょうが、そういったものは見当たりません。
そもそも名医をどのように定義するかという問題もあるので、厳密な数値としてははっきり定義されていないのが現状ですが、少なくとも希望が大きくなることは容易に予想できることです。

技術が進歩すれば、それを使いこなせるだけの技量を持つ名医と、それ以外の医師に分かれます。
治療方法にしても、肝臓がんは手術のほかに経皮的エタノール注入療法や肝動脈塞栓術、マイクロ波凝固療法、ラジオ波凝固療法、動注化学療法、放射線治療など、一般的に知られている抗がん剤の服用以外にも多数の方法が確立されています。
そのうちのいくつについて、十分な経験を積んでいるかということが、名医であるための最低条件にもなるでしょう。

肝動脈塞栓術を使えないとしたら、他の方法で代替するしかないわけですが、最適な選択肢が肝動脈塞栓術の場合には、治療を受ける側にとって不利益に働きます。
いくつかの選択肢を排除せざるをえなかったため、肝臓がん手術という選択がなされたのだとしたら、病院選びに問題があったと考えざるをえないでしょう。
切除を行えば体に負担がかかるのは避けられませんし、利用できる方法が少ないということは、医師の力量を評価する上で重要なテーマです。

現状、医大を卒業して国家試験に合格することで医師として医療に携わる資格を得ることができるわけですが、その制度も見直しが必要なのではないかと思います。
たとえば、一定の肝臓がん手術の経験を積んだ医師が、実技試験で技術を証明し、その認定を受けることにより高度医療を行えるという肩書きが国の認定として与えられるのであれば、患者側としては大きな利益になります。
出版社やテレビ局が名医ランキングの特集を組むことはありますが、国が本格的に評価に乗り出すことになれば、全国の医師が同じ基準で格付けされることになりますので、研修医の期間を終えた後であっても、油断することなく研鑚に励むように促す効果があるでしょう。

抜本的な対策に国や厚生労働省が動き出すという話は聞きませんから、現状では患者が自ら肝臓がん手術の実績については確認することになります。
疑わしいと感じたのなら、経皮的エタノール注入療法・肝動脈塞栓術・マイクロ波凝固療法・ラジオ波凝固療法・動注化学療法・放射線治療といった方法では対処できない理由の説明を求めることもできます。
名前さえ知らないということはないと思いますが、簡潔に要点を得た説明が出てこないのなら、上記の方法の一部については十分な検討が去れていない恐れがあります。

最終的には、結果に納得できれば問題ないわけですが、そこにたどり着くためには適切なルートを通ることが必要です。
まったくちんぷんかんぷんな意思決定の仕方をしていたら、手術で肝臓がんが良くならなかった時、とても承諾することなどはできないでしょう。
原因はどこにあって、不可避の事情であったのかどうか、徹底的な追及をしたくなるのは当然の感情です。

経済的な問題なら、損害賠償や慰謝料の請求で済んでも、体のことはお金で解決することはできません。
手術をするなら成功させてもらわなくては困りますし、動注化学療法で対処するというなら、成果を上げてもらうことが最大の誠意でしょう。
自分にとっての名医を見つけて、二人三脚で闘病生活を送れる体制を整えることを忘れないで下さい。

copyright © 2005 肝臓がんの治療と手術の実績がある病院 all rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。